仕事の悩みを抱えたクライエント様とのカウンセリングを終えて思うこと

2022.2.8

皆さまこんにちは。代表カウンセラーのパピヨンです。 いつもエナステのご利用を ありがとうございます。

私が心理カウンセリングをするきっかけは、お仕事シーンでお悩みを聞きかせいただいたことが始まりです。お仕事って、人生のすべてはないものの 『人生時間』という観点からすると 多大な時間を捧げる部分ですよね。  
特にお勤めの方は、決められた場所で一日8時間以上の時間を費やしていらっしゃいます。改めて考えると1年にしたら膨大な時間になりますよね! だからこそ、その悩みが人生に大きく影響し 時にご自身の心や体の健康を崩してしまう方もいらっしゃいます。

『心や体を壊してまで、しなければいけない仕事なんてない!』

 

先日も、マネジメントについてお悩みのクライエント様が会社が始まる朝になると吐き気がしたり頭痛があったりと体の不調が出るようになったということをご相談くださいました。まず大前提として私がお伝えしているのは、『心や体を壊してまで、しなければいけない仕事なんてない!』ということ。

まじめに、誠実に、そして責任を持って仕事をするのは素晴らしいこと。
でも、自分の健康を失ってまでしなければいけない仕事ってなんでしょうか?

もちろん、頑張りたい気持ちや叶えたいゴールがゆえに 無理をする時もあるとは思います。でもそれは、『自分がしたいと思うから。自分の心が喜ぶから。大変だけど意欲的に進めたいという気持ちがあるんだ。』というのを確認していただきたいです。そうではなく、『自分の気持ちを感じることは横に置いておいて、自分のことなのに主導権を別に持たれてしんどい中進めている』のでは全く別の状況です。

心や体のバランスを崩すときの始まりって、この『自分の気持ちを感じることは横に置いておいて』がポイントになると思っています。
自分の気持ちを感じることを後回しにし、自分の疲れを何かでごまかし、体や心からのアラートを見ないようにする。。

かくいう私も、ストレス過多により『子供を産んでいないのに母乳が出る』という不思議な経験をしたことがあります。その時にドクターに問われたのは『ここまでの症状が出るってことは、こうなるまでにいろいろサインがあったと思うんだけれど、何も気づかなかった?』という質問。

その時の私は、『あ~う~ん。。そういわれてみれば。。。でもほかのことが大変で気づかなかったですぅ。あははは~』みたいな回答をしました。 その際に、その不誠実にも聞こえる回答に『いや、ちゃんと自分の体からのサイン見てあげてください!』って真剣な顔で指摘されたのをとても鮮明に覚えています。

その時に初めて、『私、自分の気持ちとか体の状態とか 無理がきくからって 軽く扱いすぎてたな』と気づきました。 日々、つらいことも受け止めてくれる心や、疲れているときも会社まで連れて行ってくれる体や、フル稼働してくれている頭脳に感謝やねぎらいをすることもなく。 ちょっと大変なんだけど~ とSOSサインで教えてくれる声を聞き入れることもなく。

無視しているような状態だからこそ、さらに大きなアラートを『もうやばいんですけどー!』っ最終アラートとしてて教えてくれていたんだなって今なら理解できます。
日々忙しく流されて生きていると、そういうサインをも見逃してしまうんですよね。
でも、自分を労えるのも 自分の心の声に耳を傾けるのも 結局自分しかできないんですよね。自分を守れるのは、自分しかいないんです。

アラートを感じて

とある北米企業のトップが、在宅ワークが続く社員たちに声をかけている中で印象に残っているフレーズがあります。それは、『It’s ok to not be ok』意訳すると『大丈夫じゃないときがあったって大丈夫なんだよ』という言葉。
どうしても『仕事だから』『期限があるから』『予定より押してるから』と時間に追われて仕事をしていると、しんどくても頑張らなきゃ。体調崩してる場合じゃない!チームに迷惑がかかるから、しんどいって言えない。。。そんな心境になるときがあると思います。

でも、再度お伝えします。
『心や体を壊してまで、しなければいけない仕事なんてない!』のです。
アラートを感じて、必要な時は思い切って休んでください。無理に仕事をしてもパフォーマンスが下がりますし、逆に集中して休むことが早い回復につながり、休んでいた日々をも取り戻すべく動けるようになる流れもあるのだと考えています。体調が悪い時や、うまく仕事がまわらないことがあっても大丈夫。『It’s ok to not be ok』という言葉を胸に、頑張りすぎず頑張ってください!

次回もまたお仕事の悩みに対する考え方や、実際のカウンセリングでのチップスをシェアしていけたらなと思います。 コラムで語ってほしいテーマがある場合も、ご遠慮なくご希望お知らせくださいね。

ではまた、エナステのカウンセリングや動画などでお会いしましょう☺️
お読みいただきありがとうございました。

この記事に登場するカウンセラー

関連動画

フェイクを暴いてやろう!の心理は正しい?

未練が残るのはなぜ?未練のない生き方をするためには

関連コラム

これからの時代はIQやEQよりもCQ(多様性適応能力)が求められている?!