働く人の常識とは一体!?働きやすい職場環境を作るためには

2022.2.10

皆さまこんにちは。代表カウンセラーのパピヨンです。 いつもエナステのご利用をありがとうございます。

今日も引き続きお仕事×悩みについてお話をさせていただきたいと思います。

日本とカナダのちがい

私は今カナダに住んでいるのですが、人々の働き方を見ると 私が長年持っていた色んな概念が音を立てて崩されています。←大げさ😂

もちろん、仕事内容にもよるとは思いますが、私が目にした光景として例をあげると
*定時ダッシュは当たり前
*金曜日は16時ぐらいから オフィスでワイン片手に語らいだす
*出社するしないは自由、結果だけ出してくれてたらなんでもあり
*子供のケア等非常事態が起きたときは、もちろんそちらが最優先
*職場の飲み会やクリスマスパーティには奥様もご招待
*喧嘩してるの?!みたいな率直な意見のぶつけ合いは上司部下関係なくある
*仕事中にプライベートの話も普通にする(好きな人ができた、彼女ができた、プロポーズしようと思ってる 等)

などなど。。日本にいたら『えー!ありなのー?!』って思うことだったりしますよね。

私もThe ドメスティックな会社にいたので、やっぱ海外違うわー!なんて最初は思っていたのだけれど、その話をこちらの友人にしていたところ『なんでだめなの?』『理由は聞いてみたの?』『相談してみたの?』『交渉できるんじゃない?』『そもそもそうしたいって言わないとわかんないのかもよ』と出るわ出るわの質問攻め。

その時に私も、『確かに、聞いたことなかったな』『確かに、希望を伝えて交渉したこともなかったな』『確かにその形にしたほうが理にかなっていたかもしれないな』と振り返っていました。

何が伝えたいかというと、もちろん会社のルールや決められた風習などもあるとは思います。でも、気持ちよく働いて成果を効率的に出せる環境つくりのためなら 会社にとっても良い流れのわけだし 『希望を伝える』『提案してみる』『解決策を共に考える』っていう選択肢を入れてみてもいいのかもしれませんね。

意外と、現場の意見として受け入れられたり 現場で何が起きているかわからないからこそ、知らないからこそ変わっていないルールだったかもしれませんもんね。

私の秘書時代も、役員やトップ役員は意外と柔軟だったり 状況を知ったら『そんなの言ってよ、すぐに変更を検討しよう!』となったものです。 自分たちの中だけで『これは違う。。』『これはしてはいけない』『でもこっちのほうが効率的なのに』って思っていることも、実は現状を知ったら変わることなのかもしれませんね。

自分で変えていく

あとよくあるのが、『私は来て間もないので。。』とか『私は外部から来た人間なので』『契約社員の身なので』とかおっしゃる方もいます。
私は、『新しい人だから気づく視点』『新しい人だからこそ気づく違和感』『新しい人だからこそフラットに見れる状況』というのが必ずあると思います。
そして契約社員さんのような、色んな現場を渡りあるいてきた経験も、とても素晴らしいと思っています。 実際に、私が18年務めた会社でも 契約社員さんを採用させていただくことがありました。その方々に教えてもらうことがとても多くありました。 『なんでまだこんな古いソフト使ってくれるんですか?』とか『これは◎◎の方法が効率的だと前職で学びました』とか、ずっとそこで働いているからこそ知りえない情報があったりするからです。

ので、ぜひそれをも自分の強みなんだ!って思ってくださいね。
もちろん、お相手にどう伝わるかな?とも不安だと思うので 『新参者がおこがましいですが』とか『おせっかいだったらすいません、ご参考になればと思ってお知らせします』とか上手に言葉を紡ぎながら、是非魅力として披露してみてください。

新入社員さんも同じです!
若いからこそ気づく視点。若いからこそ知っている知識。若いからこそ感じる世間との温度差。とっても参考になる情報です。 それも自分たちの強みなんだ!!って信じてくださいね。

その立場だからこそ見える景色が必ずある。
そして、色んな方向から見るからこそ 冷静に状況が把握できる。
いろんな意見があるから、よりよい状況を作れる。
そして、働きやすい環境を皆で作り上げることができる。

そうは言っても何も変えたがらないお局がいるんです。。。という状況もおありかと思います。
が、その対処法も持っておりますので😀、是非ご相談くださいませ。
して、どうせご自身の大切な時間を費やす職場だからこそ、働きやすい環境を作ることはあきらめず行きましょう!

また、こちらでも 海外のびっくり対応の観察を続けますね。笑
仕事に限らず、驚きの毎日です。そして、そんなカルチャーに染まっていくのが少々怖くもあります。日本に帰ったときにギョッとされないように、皆様も私がおかしなことをしているなあと思ったときは、遠慮なく教えてください😂
今日もお読みいただき、ありがとうございました!

この記事に登場するカウンセラー

関連動画

フェイクを暴いてやろう!の心理は正しい?

未練が残るのはなぜ?未練のない生き方をするためには

関連コラム

仕事の悩みを抱えたクライエント様とのカウンセリングを終えて思うこと