パピヨンのサラリーマン時代は黒歴史?私が退職を決めた時

2022.3.23

皆さまこんにちは。代表カウンセラーのパピヨンです。 いつもエナステのご利用をありがとうございます。
今日もお仕事に関してのコラムを配信させていただきます!今回は『パピヨンのリーマン時代ってどんなだったの?』というタイトルでお届けします。

パピヨンのリーマン時代

ここ最近の仕事のコラムを読んでいただいた方から、『マイさんは昔からそういうマインドでお仕事されていたんですか?』というご質問をいただきました。 答えは 『Noooooooooooooo!!』です 笑

今でこそ、マネジメントだ自分の在り方だを語ってはおりますが。。
入社したときには、大してモチベーションもなかったですし、将来のキャリアパスなんて何にも考えていなかったです💦
厳しい上司のこと、苦手だなあと思って かかわることをなるべく避けてもいた時代もあったし。秘書だからこそ黒子の存在であって、社長や会長の3歩も5歩も後ろに存在するのが当たり前。。。そんな背景もあって自分のことをアピールすることもできなくて、理解してもらえないことにモヤモヤして仕事に熱が入らなかったり。
自分がどうしたいのか、の意志を言わなかったから 結局自分が進みたい道に進めず。最後の8年は正直辞めたいなあって思いながら、社会的立場がなくなるのが怖くて動けなかったですし。。。

だからこそ、声を大にして皆様に言うのです!笑
もう少し早ければ。。とか、もう少し〇〇していれば。。。と思うことが多いから。

今でこそ、海外に住んでます風吹かせていますが😂、もともとは超ドメスティックな企業に勤めていて。地元ではそこに勤めていたらもう将来安泰だわね。なんて言われるような場所だったからこそ、もやもやしながらも 自分も周囲からもそこにいることが自分の正しい道なんだと言い聞かせて所属していました。
(もちろん、教えていただいたこともたくさんあって。今の私があるのはその会社のおかげだとは心から思っています♡)

でも、私が想いを伝えない言わないからこそ 自分の中での想いと会社で与えられるミッションや現実との乖離がどんどん大きくなり。
最終的に入社以来18年配属していた部署からの異動を命じられた時には 『あ、私がどうしたいか。とか何もわかってないんだな~ そりゃそうだよな、言ってないもんな~』って納得感と、寂しさと、虚しさとが一気にやってきて。それで、18年勤務した会社を去る決心がつきました。

なので、言いづらい状況があったり環境があったり。組織の歯車でしかないって感情が生まれたり、自分らしくあれない時があったりという皆さんの気持ちもとーってもわかります。ただ、あとから当時の上司や同僚と話すと 『え?!そうだったの!早く言ってよ。』とか、『起業してからのあなたの色々な発信を読んでいると、あなたのこと知らないことも沢山あったんだなって思った 』などと言われまして。
改めて『意外とまわりは自分のことなんて見ていない』そして『大きな組織の中では、自分で発信しないと自分のことなんて知ってもらえない』を痛感しました。

発信することをあきらめないで

でも人生時間の多くを捧げる場所だからこそ、与えられたミッションをこなしながらも『自分らしさ』『個性』を出していっていい場所だと思うんです。
そして、それを出すことによって 適材適所が叶う可能性が増えると考えています。 上司も忙しいので、部下の想いを言わずもがな察することって難しいと思うんですよね。
だからこそ、私はこうしていきたくて、将来はこうなりたいなあって(今は)思ってるんですよね。とシェアすることっておたがいにとってやりやすいはず。

そして辞めたいなあって思ったときは、なぜそう思うのかを自分自身と対話して 今の状況でそれを改善させたり変化させたりすることができないのか。あきらめず、是非相談/発信してみてください。
結局は、組織もネットワーキングなので 発信しているうちに『そういえばあの人が〇〇やってみたいって言ってたな』などと思いだしてもらえることもありますからね!(海外の異動や昇格、転職はほとんどそれで決まっていっています)
日本はそこにプラスして、伝えていくお作法は必要だとは思いますが 最適のタイミングと最適の伝え方を見出して 諦めずに発信してみてください!

そこは上司によって、ご自身の性格傾向によってそれぞれの方法がありますから よかったらご相談くださいね!!よりよい環境に身を置くからこそ、成果も出しやすいという好循環もあると思います。是非上手に整えていきましょう♡お話しできるのを楽しみにしています。ちなみに、辞めたことを後悔しているか?と言われたら、今の方が在籍していた時よりも50倍も幸せです。笑 ですが、自分をしっかり伝えながら 勤務を続けていたらまた違う幸せもあったのかな?とも思うからお伝えしています。

このコラムを書いていて、ふと今の私を、そのまま出していたらどんなポジションにさせてもらえるんだろ?とふと疑問に思ったので、元上司に連絡を取ってみようと思います。笑

では今回もお読みいただき、ありがとうございました。

この記事に登場するカウンセラー

関連動画

フェイクを暴いてやろう!の心理は正しい?

未練が残るのはなぜ?未練のない生き方をするためには

関連コラム

上司にアピールするのってどうなの?!上司への上手なアピールの仕方