新入社員には何を求めている?先輩社員の本音!

2022.4.1

皆さまこんにちは。代表カウンセラーのパピヨンです。 いつもエナステのご利用をありがとうございます。
今日もお仕事に関してのコラムを配信させていただきます!今回は4月にお届けすることもあり『新入社員には何を期待されている?!』というタイトルでお届けします。

新入社員に求めるもの、とは

就職活動で努力して勝ち取った会社にいよいよ入社!ドキドキとわくわくの気持ちを胸に、出社されている方が多い時期かと思います。
オリエンテーションから始まり、実際の職場に配属されるのはもう少し先でしょうか。。とはいえ、緊張の中での毎日はあっという間にその時を迎えることになるでしょう。

先日『新入社員には、何を求められているんでしょう?何を期待されているんでしょう?』こんな質問をカウンセリング内でいただきました。
私も前職で沢山の新入社員を迎え入れ、今ではそのメンバーも立派に最前線を担っておられています。その方たちに、新入社員の時に何を求めていたかを改めて考えてみたのですが。。

いきなり現場で大活躍してほしい!なんてことは、期待していなかった。が答えになるかと思います。もちろんいずれかはそうなっていただきたい気持ちはありましたが、それよりも抽象的な言い方をすると 『フレッシュな風を吹かせておくれ!』と思っていました。笑

それは、
・一生懸命さ、ひたむきさ であったり
・新鮮な視点による質問 であったり
・丁寧なあいさつ であったり
・一つ一つに真剣に向き合う姿 であったり

そういうものって、日々慣れ親しんだ仲間だけでまわしている職場に、新しい風を吹き込んでくれていました。ああ、私たちも一生懸命だったなあ。。と思いださせてくれたり、当たり前になっていた仕事の流れをその新鮮な質問により改善することになったり。
いつもはなあなあになっていた挨拶も、こちらもちゃんと返さなきゃ!と背筋がのびたり。職場の空気が変わっていく様を覚えています。

業務を遂行することから始める

私が研修でよく話題にするのが、『業務』と『職務』の違いです。
新入社員に『職務』を担ってほしいとは思っていません。なぜならそれは経験者でないと無理な事だからです。だからこそ今できる『業務』を遂行しながら、横目で先輩たちの職務を観察する。学ぶ。こんなバランスをお勧めしています。

業務ってじゃあ、何ですか?ということですが、深い知識や長年の経験がなくてもできること。挨拶、清掃、整理整頓、コピー用紙の補充、社内便の対応、機密書類のシュレッダー。。。それぞれの職場で、今自分でも出来ること。を観察しながら是非見つけてください!ああ、あそこの棚ぐちゃぐちゃだな。とか、ああ、あそこほこり溜まってるな。とか、ああ、もうすぐコピー用紙がなくなるぞ、とか。ああ、あそこのカレンダーまだ2021年のままだぞ?とか。笑 それぞれの職場に、必ず手をつけられていない課題があるはずだから。

この話をしながら、私が採用にもかかわらせていただいた部下Aさんが、新入社員の時に お客様に出す湯呑を漂白洗浄していたのを思い出しました。私たちはいつも当たり前につかっていた湯呑、彼女の目からみたら茶渋が気になったんでしょうね。ピカピカになった湯呑たちを見て、また新鮮でさわやかな風を吹いたのを今でも記憶に残っています。そして、この方は色んな所に目が配れる人なんだな。という印象をもったのも確かです。

更にさかのぼって私は何したっけ?と古い記憶を思い出していたのですが、色々トライした中でも、いつも皆さんが使う大量のファイルにあいうえお順にインデックスを付けたのがとても喜ばれました。え?そんなこと?と思うかもしれませんが、『いつかやりたかったのよ~ でもずっとやってなかったのよ~』と大先輩に言われたときは、なるほどー!こういう事もできないぐらい忙しいんだ~と思いながら、これなら私もお役に立てることあるかも!と少し自分の居場所を感じたものです。

日々忙しい職務と共に新人教育を担う先輩たちは、時に『何したらいいですか?』という質問がプレッシャーになる時もあります。笑 先輩たちの忙しい時間、余裕のありそうな時間を見計らってまとめて質問をして あとはお忙しそうなときは、自分でできることを探しながら業務遂行してみてください!
それだけで、『自発的に動ける人だな』という小さな信頼が積み重なっていくことと思います。

繰り返しになりますが、いきなり職務をしっかりやってくれる人を期待してはいません。
あまり気負わず、自分の強みを活かして アンテナたてて動いてみてくださいね。
具体的な行動が思い浮かばない場合は、是非状況を教えてください。こうしたらきっと好感度あがりますよ!こうしたらきっと良い信頼を築いていけますよ。というような具体的な行動をお伝えできるかと思います!

新しい風を吹かせながら、堂々とお仕事なさってくださいね。応援しています^^
今日もお読みいただき、ありがとうございました。

この記事に登場するカウンセラー

関連動画

フェイクを暴いてやろう!の心理は正しい?

未練が残るのはなぜ?未練のない生き方をするためには

関連コラム

パピヨンのサラリーマン時代は黒歴史?私が退職を決めた時