面接では一体何を見られているの?!

2022.4.15

皆さまこんにちは。代表カウンセラーのパピヨンです。 いつもエナステのご利用をありがとうございます。
今日もお仕事に関してのコラムを配信させていただきます!最近面接時についてのご相談が多くあったので今日は『面接では一体何を見られているの?!』というタイトルでお届けします。

世の中には沢山の面接攻略本があって、沢山の抑えるべきポイントやテクニックが書かれています。一体何をまずはしたらいいんだ!?とさらに不安な気持ちになってしまう人も多いかと思います。
私が実際に面接する側として参加していた経験、そして企業様の面接アドバイスをさせていただいたことがある経験から伝えられることを今日はつづってみたいとみます。

面接で自分の全てを表現するのは、無理に等しい

まず1番に言えるのは、あの短い時間であなた自身をすべて理解してもらうことは不可能だ!ということ。それに更に『緊張』が加わり、普段の自分らしさを全く出せない。。という経験をした方もいることでしょう。

ではどうしたらいいか?
採用する側の気持ちを考えてみていただきたいんです。
要するに一緒に働く人を探しているわけなのですが、面接して採用になったあかつきには面接時に想像した通りその方に社員の一人としてご活躍いただきたいわけです。
誤解を恐れず、言葉も選ばずに言うとすれば、 採用する側も『失敗したくない!』と思うのです。

では、失敗するとは何を指すのか。それは、面接時に感じたその人のポテンシャルや面接時に想像したその人の未来の活躍ぶりが、実際は全く違った!そう感じる時だと思っています。入社したら、言ってることと実際入社後の働き方と全然違うじゃん。。ってなるのを避けたいわけです。

ですから、いうなれば『で、あなたって本当はどんな人なわけ?』を探る機会だと思っています。何を成し遂げたくて、仕事に対する熱量はどのぐらいあって、どんな性格で、これまでの人生で何を学んで、どんな風に一緒に働いてくれるつもりなんだっけ?を言葉や見た目や態度やいろんな情報をもとに知ろうとする作業なわけです。

ので、一番気になるのは 『統一性がないこと』。
履歴書では、サポート役が好きだとかお客様に寄り添っていきたいとか書いてあるが実際見るところでは、とても活発そうだぞ?なんならその場を引っ張っていくようなポテンシャルもあるぞ?そして言葉では『私は前に出るタイプではないので、黒子としてサポートさせていただきたい』と言っている。。
1つ1つの情報は、素晴らしい内容なわけですが すべてを照らし合わせると『???』が浮かぶのです。

自分を知り、統一性をもたせる

だからこそ、お勧めしたいのは 『自分を知る』こと。
何が好きで、何に情熱を燃やしやすくて、何が生きる力になっていて、どんな人とかかわっていきたくて、どんな風に人から印象を持たれやすいか。
このあたりをしっかり知って、その次にその情報の方向性をすべて同じ方向に一致させていくのです。

私自身、それぞれに書いてあることや発している情報は素晴らしいのだけれど統一性がない方を残念ながらお断りした経験があります。それは『入社してからの想像がつかなかったから』。安心して、入社してください!と素直に言えなかったから。

残念ながら、期待して入社していただいたもののその後の働きが想像していたものと違った。ということはどこの会社も経験済だと思います。だからこそ、同じことを繰り返したくないので慎重にもなるものです。ですので、まずは是非自分が発しているすべてのものに『統一性があるか』『相手に〇〇さんて〇〇ですもんね』と納得してもらえる内容か。
これを是非見直してみてください。

そして、その発する言葉の中に俗にいうネガティブなイメージがわくことがあったっていいんです。例えば、私が採用した方のなかに『とても素直そうな方だな』という印象をご本人からも履歴書からも受けた方がいました。『バイトしていた学生時代に失敗した経験を教えてください』と質問した際に、『中華料理屋さんでバイトしていたのですが、実はお客様にタンタンメンをこぼしてしまって。。』と話し始めました。その時は役員秘書をの採用枠だったので、『え?!役員さんにもお茶こぼしちゃうかも?!』と一瞬は想像しました。笑
が、この場でこの話をできてしまうこと。それ自体に『何かあっても、必ずネガティブなこともちゃんと報告してくれる方だな。』『イメージ通り素直な方だな』とすべての点と点が繋がった感覚がしました。

一見、そんなこと面接で言うもんじゃありません!と言われそうな内容ではあります。でもそれがその方のイメージに一致していて、だからこそ一緒に働けるイメージがわいた。結果、その方は採用となりました。そして入社してからもその素直さでぐんぐん成長され、大活躍されました。

繰り返しになりますが、いろんな面接テクニックや対話練習の勧めがあると思います。でも現場で起きていたことは上記のようなことです。 是非一度ご自身にフォーカスして、考えてみていただきたいです。
そしてこういう場合は、どう伝えていったらいいですか?どう魅せていったらいいですか?など疑問がわいたらいつでもエナステへお越しください^^

『私はこんな人です。』を堂々と表現すべく、のぞんでみてくださいね。あなたの未来を応援しています^^今日もお読みいただき、ありがとうございました。

この記事に登場するカウンセラー

関連動画

フェイクを暴いてやろう!の心理は正しい?

未練が残るのはなぜ?未練のない生き方をするためには

関連コラム

新入社員には何を求めている?先輩社員の本音!