新しい環境へののぞみ方

2022.5.31

こんにちは、代表カウンセラーのパピヨンです。
ゴールデンウィークも空けて、次はお盆までお休みがないのかあ。。。なんて思いながらもう5月も終わった!とお過ごしの方も多い今日この頃かと思います。ほんっとに、時間が経つのは早いですよね。。。

特に4月から新しい環境に入られた方は、1か月緊張した日々が続いたあとのゴールデンウィーク。数日間休んだ後に、またその環境に戻らなければいけなかったのは気合がいりましたよね。そして、中にはもうそろそろ新生活も3か月を終えるのに。。。正直私何も変わってないじゃん。。全然成長できてない。。周りはどんどん進んでいくのに。。と嘆く方もいらっしゃることでしょう。実際に最近のクライエント様からのご相談もそういう内容が少なくありません。そして更にその気持ちを重ねて過ごしてしまうと、最終的には自己嫌悪に陥り『私、全然だめだ』とジャッジしてしまう。そりゃあ、その気持ちを持ってその場に行くのはおっくうにもなりますよね。

では、就職、異動、転職、引越し等で新しい環境に身を置くことになった時、どのような心持ちでいたらいいのでしょうか?

新しい環境での心持ち

もちろん、人それぞれ進むスピードは違うとは思いますが 、目安として

①まずは新しい場を知ること
②少しずつ慣れてくること
③自分らしく動き始めること

という3段階の時期があると考えます。

すべての行程を終えるのに大体最低1年はかかると思っていただいていいでしょう。ですから3か月たった今なんて、まだ①の段階で十分。ただでさえ、『変化』というのは 人間にとって大きなストレスですから。そこに日々身を置いているだけで『わたし、頑張ってるー――!』って思っていいのです。

きっと変化した直後は、大きな期待と志を持ってのぞんでいたことと思います。
それももちろんとっても素敵な事。でも同時に、その時点でこれまでの気持ちの状態からの『変化』が起きているわけです。そこで既にストレス(負荷)がスタートしてるという感覚も感じてみてください。だからこそ、その気持ちが切れてきたときに感情がアップダウンするのも当たり前だし、負荷からの疲れによるネガティブな感情が出てくるのも当たり前。

そんな時は『私は今変化の渦中。そりゃあ心も体も疲れる。。だけど、そこに挑戦してるってだけで私すごいー!1年もたてばきっと以前と同じように落ち着くから大丈夫♡』って自分に声をかけてあげてください。だって、これまでも大きな変化は経験していて、そして落ち着いてきた過去があるから。そして更に成長、飛躍しようと変化を起こしてきた自分がいるのだから。

頑張っている自分を、更に自分が疑い そして『あなたはダメだ』とレッテルを貼るのは可哀想ですもんね。

自分を信じること。そして必ず日々の積み重ねが未来を変えること。1日1%でも100日たったら100%!そう思ってマイペースに行きましょう!ほかの人との比較ではなく、昨日の自分、去年の自分、5年前の自分と比較すること。進んでいる日があっても、後退する日があっても『そこに挑戦し続けている自分』はそこにいることを見つめてあげてください。

自分自身を応援してあげよう

かくいう私自身も去年の9月から、ずっと避けて通ってきていたフランス語の学校に挑戦し始めました。(私が住む地域は、フランス語が母国語です。) 1日1%と書きましたが、1%進んで3%後退する。。みたいな感覚さえあります。最近も周りのスペイン語圏から来たお友達の成長具合に(フランス語とスペイン語は似た言葉や文法が多いからってのは聞いてはいたのに )、なんで私はまだこのレベルー!と嘆いたものです。でも、まずアラフォーが遠くなはれた国で全く違う言語をいろんな国の人に交じって日々学んでいるだけでも私すごいじゃん!って上書き保存しています。そしてそれはまぎれもない事実だし。

きっとあなたも、のぞんでいてものぞんでいなくても 新しい環境で日々奮闘している自分に目を向けたら『いや、私頑張ってんじゃん?』って思えるはず。どうか自分ぐらいは、自分のことを応援してさしあげましょ♡そして自分ぐらいはそんな体や心をよしよし労ってあげてくださいね。

これから本格的な夏に向かう季節の変わり目。季節の変化も同じく変化。いつも以上にセルフケアを大切に。体も心も、ケアしてもらっていることを感じたら 必ず喜びます!お話しすることですっきりしたりするのであればいつでもエナステへお越しください。大きな変化や挑戦をこなしてきた、いや未だに挑戦しまくっている精鋭カウンセラーがお待ちしています♡

それでは今日も読んでいただき、ありがとうございました。 あなたの新たな挑戦や変化についても、お話しお聞かせいただけるのを、楽しみにしております!

この記事に登場するカウンセラー

関連動画

フェイクを暴いてやろう!の心理は正しい?

未練が残るのはなぜ?未練のない生き方をするためには

関連コラム

8割の余裕